文字サイズ

大島康徳氏が退院 原因不明の発熱で治療 昨年2月がん公表

 大島康徳氏
1枚拡大

 プロ野球の中日で活躍した大島康徳氏(67)が14日、公式ブログを更新し、9日から続いていた入院生活から退院したことを報告した。

 元気そうな写真を掲載し「熱もすっかり下がり血液検査の結果も良いとのことで病院が万全を期して下さった上で 本日午後 晴れて退院となりました」と記した。

 大島氏は8日夜、原因不明の発熱があり、翌9日に病院で検査を受け、そのまま入院となった。自覚症状はあまりなく食欲もあったようだが、検査と点滴治療などを受けた模様。詳しい病因や症状は明らかにしていない。

 「おかげさまですっかり回復しました。全ての皆様に感謝です」と締めくくった。

 大島氏は昨年2月に大腸がんのステージ4であることをブログで公表。治療を続けながら野球解説などの仕事も続けている。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス