文字サイズ

日本ハム有原、右肩炎症で離脱 別メニューでノースロー

 「日本ハム春季キャンプ」(2日、スコッツデール)

 有原航平投手が米アリゾナ州スコッツデール市内の病院でMRI検査を受け、「右肩の炎症」と診断されたことを球団が発表した。

 帰国せず現地に残留し、しばらくノースローで経過を観察する方針。1次キャンプから帰国後に再検査を行う。

 有原は広報を通じ「キャンプイン直後で残念ですが、まずは早く治すことに専念します。今できることに集中して取り組み、リハビリに励んでいきたいと思います」とコメント。栗山監督は「自分のペースで、自分のやるべきことをやってくれると信じています」と神妙な面持ちだった。

 有原は、早大から14年度ドラフト1位で日本ハムに入団。1年目に8勝を挙げ、先発ローテの柱に成長。昨年は開幕投手を務め、今年も候補の一人とされてきた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス