文字サイズ

阪神・金本監督が殿堂入り「星野さんに報告がしたかった」

殿堂入りし、壇上であいさつする金本監督(撮影・西岡正)
殿堂入りコーナーの横で笑顔を見せる阪神・金本知憲監督=野球殿堂博物館(撮影・西岡正)
2枚2枚

 阪神・金本知憲監督が15日、プレーヤー表彰で野球殿堂入りし、都内で行われた殿堂入り通知式に出席した。現役時代は広島、阪神でプレー。21シーズンで2578試合に出場し、2539安打、476本塁打、1521打点をマークした。

 98年から2011年まで1766試合連続出場。99年から10年まで、大リーグ記録を上回る1492試合最多連続試合全イニング出場を達成し、“鉄人”と呼ばれた。

 通知式でのスピーチ全文は以下の通り。

 「昔、野球を始めた時にある人から、野球というスポーツはきりがない。プロ野球に入ること、レギュラーを取ること、そして名球会、その上に殿堂入りというものがあるからと。そこまで向かって頑張れよ、と言われたことを今日思い出しました。こんな僕がこういう賞を頂いていいのかな。年齢的にもまだ若いし、本当に恐縮しています。

 まだ現役の監督をやっていますけど、この殿堂入りという賞を頂いて、ホッとせず、また野球界のためにもできることがあれば協力していき、野球界の発展のために頑張っていこうと思います」

 報道陣との一問一答は以下の通り。

 -殿堂入り。

 「驚きと喜びが、本当に交錯しています。どちらかと言うと、恐縮する思いの方が強いです」

 -資格1年目での殿堂入り。

 「それが僕であっていいのかなと。純粋に。自分よりプロ野球界に貢献された方、実績を残された方はたくさんいると思うんですけど。本当に僕でいいのかな、と正直に思います」

 -連続フルイニングの記録を樹立。

 「フルイニングを目指して記録を作ろうとしてやってきたわけではない。日々、毎日試合に出なくてはいけない。数字を残さなくてはいけない、休んではいけない。その連続、結果がたまたま記録になっただけ。目指した記録ではない。そこを評価していただいたのはうれしく思います」

 -けがをしても出続けた。

 「一番は、その時の責任感じゃないですかね。チームのために試合を抜けられないという思いでした」

 -一番、印象に残っているシーン。

 「いっぱいあるんですけど、広島時代で言うと、連続無併殺記録。タイ記録と新記録の時、なぜか一塁にランナーがいて…。ランナーいなかったら自動的に更新するんですけど、なんでタイ記録と新記録でランナーが一塁にいるんだろう…。そこでヒットとホームランが打てた。笑い話のような、自慢のような。タイガースに来てからは日本シリーズのサヨナラホームランですかね。甲子園球場が一番沸いたというか、あの日が一番、拍手喝采を浴びた日じゃないかなと思います」

 -星野さんが昨年、殿堂入りを。

 「去年、星野さんが選ばれて、入れ替わるように自分が。本当に選ばれましたという報告がしたかった。残念です。本当に。もう70歳でかなり丸くなられてるんで(もしここにいたなら)おそらく、優しい言葉をかけていただいたかなと思います」

 -今シーズンへの意気込みを。

 「監督就任して3年目ですし、もちろん結果はほしいです。内容もほしい。両方を追い求めて、当初の志を強く持ったまま、ブレずに強いチームをつくって、優勝したいと思います」

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス