文字サイズ

清宮、狙うは本塁打数中田超え「大谷選手のように目標や信念を貫きたい」

 栗山監督との写真を手に笑顔の清宮(撮影・中田匡峻)
1枚拡大

 日本ハムのドラフト1位・清宮幸太郎内野手(18)=早実=が16日、都内の明治記念館で入団交渉に臨み、契約金1億円プラス出来高払い5000万円、年俸1500万円で仮契約した。高校通算111本塁打の怪物は、1年目から最も記憶に残る選手になると意気込み、将来的にチームメートの中田を超える本塁打数を放つことを目標に掲げた。

 先輩の中田、大谷と同じく新人選手の最高条件で契約を交わし、晴れてプロ入りが決まった。「これだけ期待していただいているので、結果を出して恩返しがしたい。(来年に)一番印象に残った選手は清宮だったと言っていただければ」と、はにかんだ笑顔を見せながらも、1年目からの活躍を堂々と宣言した。

 高校通算111本塁打を放った怪物は早速、チームメートの中田超えを目標にした。WBC、プレミア12で活躍する姿をテレビで見て「チャンスでの勝負強さはカッコいい」と憧れのまなざしを向ける。「まだまだ一つも勝ってないけど、飛距離だったり、ホームランの数は負けないようにしたい」。本職は中田とかぶる一塁だが「守備は嫌いではないので、どこでもやりたい」と中田とともにオーダーに名を連ねることに意欲を見せた。

 野球に取り組む姿勢は大谷を参考しているという。「自分もメジャーを目指してますけど、新たな道を作った大谷選手のように目標や信念を貫きたい」。初志貫徹で将来、メジャーに求められる選手になることが最終目標だ。

 本塁打を量産した神宮球場、父・克幸氏が主戦場とした秩父宮ラグビー場にほど近い明治記念館で契約を交わした。「趣のある場所でありがたい」。思い出の地から北の大地へとはばたく。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス