文字サイズ

ロッテ・井口新監督、初仕事はくじ引き 勝負強さに期待

引退あいさつで声を詰まらせるロッテ・井口資仁=9月24日
1枚拡大

 ロッテは12日、次期監督に今季限りで現役を引退した井口資仁内野手(42)が就任すると発表した。14日に就任記者会見を行う。メジャーでプレーした日本選手が12球団の監督に就任するのは初めて。契約年数は3年。年俸は8000万円で、背番号は現役時代と同じ「6」となる模様。

 井口新監督は「これから始まる新たな挑戦に今はとてもワクワクしています。ロッテの良さをどのように出せばいいか。どう変えていくべきか。もうすでにいろいろなことが頭の中を駆け巡っています」と意欲に満ちたコメントをした。

 井口新監督の初仕事は26日に開催されるドラフト会議でのくじ引きになる。9月24日の引退試合で土壇場の九回に起死回生の同点弾を放ったが、この勝負強さに、昨年外れ1位ながら5球団競合の佐々木を引き当てた山室球団社長は「去年、運を全部使った」と後継を託すことを決めた。

 井口ロッテがいよいよ船出の時を迎えた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス