文字サイズ

日本ハム・大谷、右足の手術成功 1月中にプレー可能、万全でメジャーキャンプへ

日本ハム・大谷翔平
1枚拡大

 日本ハム・大谷翔平投手(23)が12日、都内の病院で内視鏡による「右足関節有痛性三角骨(足関節後方インピンジメント)除去術」を受け、無事に終了した。来年1月中旬には投打で完全にプレーできる見込みだ。

 この時期に手術を行ったことで、昨秋の日本シリーズで負傷した右足首の痛みに悩まされることなく、来季はプレーできそうだ。手術前に「万全な状態で新しいシーズンを迎えるため、公式戦終了直後のこの時期に手術を受けることにした」と話していた大谷だが、今後は院内でリハビリを行い、2~3週間後に退院できる予定だ。

 退院後は鎌ケ谷の球団2軍施設で、リハビリや軽めのキャッチボールや走り込みを行っていく。手術から2、3カ月後には制限なくプレーできる見込みで、今オフにポスティング制度を利用してメジャー移籍が決まれば、来年2月中旬に始まるメジャーキャンプに万全の状態で臨めそうだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス