文字サイズ

中日ゲレーロ「条件緩和?ノー」3年10億円超の攻防…巨人と一騎打ちか

 今季で1年契約が切れ、中日が残留を要請するアレックス・ゲレーロ内野手(30)が7日、中部国際空港から米国へ帰国。3年契約以上の条件をあらためて希望し、同条件なら大リーグ復帰より、日本球界を優先する意向を明言した。

 帰国前に空港で取材に応じたゲレーロは、この日も「条件の緩和?ノー、ノー、ノー」と譲らなかったが「同額なら日本。日本が好きだから…」とも。中日への愛着を口にしながらも「今は全部ゼロ」と他球団も含めて白紙を強調した。

 今季年俸1億5000万円からの大幅増は避けられず、本人の希望を受け入れれば3年10億円超の攻防となる見込み。中日にとって最大のライバルとなるのが巨人だ。昨オフのFAで争奪戦を繰り広げた山口同様、今オフも一騎打ちの様相を呈することとなりそうだ。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス