文字サイズ

ロッテ・サントスが帰国 去就未定も残留希望

 ロッテのロエル・サントス外野手(30)が4日、成田空港発の航空機でトロントを経由してキューバ(ハバナ)に帰国した。

 サントスは「シーズン途中からの加入ではありましたが、日本のマリーンズでプレーができたことは、とても充実感にあふれていて幸せなことでした。ただ、チームの上位進出に貢献することができなかったのはとても残念です」とコメントした。

 サントスは5月下旬に途中入団。66試合に出場して打率・250、3本塁打、8打点、5盗塁の成績を残した。

 3月のWBCではキューバ代表の1番打者として活躍。「走り打ち」が話題となっていた。

 去就は現在、確定していない。だが、本人は「来年もぜひ千葉に戻って、今度は最初からチームの一員として頑張りたいと思っています」とロッテ残留を希望した。

 最後を「マリーンズファンはいつもどんな時も応援してくれて、本当に感謝をしています。私の誇りです。1、2、サントス!」と締めくくった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス