文字サイズ

日本ハム・村田がアクシデント降板 五回、投球練習中に足がつる

 「ソフトバンク-日本ハム」(14日、京セラドーム大阪)

 日本ハムの先発、村田透投手が五回の投球練習中に右足ふくらはぎがつったために交代した。4回3安打1失点の内容だった。2番手で白村がマウンドに上がった。

 村田は現在、病院には行かず、ベンチ裏で様子を見ているという。

 試合は初回、日本ハムが先制。2死三塁から中田が左前へ適時打を放った。

 ソフトバンクは二回に2四球と犠打バントで1死二、三塁とし、上林の二ゴロの間に同点に追いついた。

 日本ハムは同点の四回、1死二塁から「7番・三塁」で先発出場の太田が適時三塁打を放ち、勝ち越し。さらに大野の中犠飛で加点した。

 ソフトバンクの先発松本裕も4回5安打3失点で降板し、両チームともに継投に入っている。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス