文字サイズ

オリックス・奥浪、免停中に人身事故で無期限謹慎処分 球団に「免停」報告せず

 奥浪が起こした人身事故について報道陣を前に説明する長村球団本部長(撮影・山口登)
1枚拡大

 オリックスは23日、奥浪鏡内野手(21)が運転免許停止中の22日に大阪市内で乗用車を運転し、2人乗りのバイクと接触事故を起こしたと発表した。球団は奧浪に対して、無期限の謹慎処分を通告した。

 奥浪は17日にスピード違反で30日間の免許停止処分を受けていたが、球団には報告しないまま22日午後7時半頃、大阪市内の青濤館から近くのコンビニエンスストアに車で買い物に出掛けた。その途中、左折時に男女2人乗りのバイクを巻き込む人身事故を起こした。転倒した2人は入院などはしておらず軽傷とみられる。

 長村裕之球団本部長は「日ごろからコンプライアンスについて注意喚起してまいりましたが、こういうことになり、非常に残念で申し訳ない気持ち。まず被害者の方に心よりおわびしたい。野球人である前に一社会人。奥浪は球団へ違反の報告義務も怠っている。謹慎中は野球の練習もさせない。外出なんてもってのほか、寮長の指導の下、奉仕活動をさせる」と厳しい表情で話した。

 この日、あらためて1、2軍全選手、スタッフに対してコンプライアンスの順守を呼び掛けた。

 奥浪は球団を通じて「このたびは、私の一社会人としての自覚に欠けた軽率な行動により、被害者の方へ多大なご迷惑をお掛けしたことを深くおわび申し上げます」とコメントした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス