文字サイズ

ヤクルト、先制不敗神話止まった 山中好投も追加点奪えず

 「ヤクルト4-8阪神」(3日、神宮球場)

 ヤクルトが先制した試合で今季初めて負けた。初回、1死一、三塁から雄平が死球で満塁。続く中村の押し出し四球で1点はもぎとったが…。後が続かず、岩貞の不安定な立ち上がりを攻めきれなかった。

 二回、ともに9試合連続安打と好調の1、2番コンビ・坂口、大引が、2者連続中前打で2死一、二塁と攻めた。しかし山田が見逃し三振。追加点が奪えず、好投を続けていた先発・山中をなかなか援護できなかった。

 4点を追う八回、阪神3番手・マテオの乱調に乗じて3点を返したが、救援陣が打ち込まれた。真中監督は「山中はよく投げたと思う。打線が早い展開に追加点を取っていれば、違った展開になっていた」と嘆いた。適時打なしが響き、先制不敗神話は7で止まった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス