文字サイズ

日本ハム・大谷 インフルエンザに罹患 都内で療養

 日本ハムの大谷翔平投手が10日、都内の病院で診察を受け、インフルエンザB型と診断された。

 大谷は試合中に痛めた8日のオリックス戦で左足を痛め、9日に左大腿二頭筋肉離れで出場選手登録を抹消されたばかり。

 この日は復帰に向けて鎌ヶ谷のファーム施設に移動する予定だったが、勇翔寮には入らず、都内で療養する。

 今後は熱が下がってから2日後までは静養し、状態をみながら鎌ヶ谷のファーム施設に移動し、リハビリ、練習を開始する予定。

 復帰時期については、5月下旬以降になる見通し。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス