文字サイズ

盛岡大付、乱打戦制す 逆転サヨナラ打の林「自分たちは打のチーム」

 10回、中前に逆転サヨナラの2点打を放つ林。投手伏見
1枚拡大

 「選抜高校野球・1回戦、盛岡大付10-9高岡商」(20日、甲子園球場)

 盛岡大付(岩手)は追いつ追われつの乱打戦を制した。

 1点を勝ち越された直後の延長十回無死二、三塁で逆転サヨナラの中前打を放った林一樹外野手(3年)は「自分たちは打のチーム」と胸を張った。驚異の粘り腰に関口清治監督(39)も「ウチはこうやって打ち勝ってきた。みんなに染みついているのかな」と誇らしげだった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス