文字サイズ

日本-オランダ戦の視聴率は25・2%、瞬間最高視聴率は32・6%

 オランダ戦の10回から登板した牧田=東京ドーム
1枚拡大

 テレビ朝日系で12日夜に生中継されたワールドベースボールクラシック(WBC)2次リーグ、日本-オランダ戦の平均視聴率が25・2%だったことが13日、分かった。

 瞬間最高視聴率は、午後11時5分台の32・6%で、1点を追う九回裏のオランダの攻撃時だった。

 試合は日本代表「侍ジャパン」が強豪オランダとの4時間46分に及ぶ死闘をタイブレークの末に制した。10日の1次リーグ、日本-中国戦は18・0%だった。

 また、新横綱稀勢の里の初戦が注目された同日のNHK、大相撲春場所初日は17・6%だった。(数字はビデオリサーチ日報調べ、関東地区)

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス