文字サイズ

早実・清宮は明大進学!? 楽天・星野副会長が予言

全日本大学野球連盟の監督会で講演する楽天・星野球団副会長 
1枚拡大

 楽天の星野仙一球団副会長(69)が18日、早実・清宮幸太郎内野手(2年)の進路を“予言”した。横浜市内で行われた全日本大学野球連盟の監督会で講演後、球界の次代を担うスラッガーについて「大学に行くだろう」と言及。清宮の父・克幸氏(49=ラグビー・ヤマハ発動機監督)と親交がある同副会長は、幼少期から知る実力に太鼓判を押し、さらなる成長を願った。

 どこに行っても、球界を背負って立つ存在になって欲しい。闘将流のエールなのかもしれない。注目を集める清宮の話題に、星野副会長は「大学に行くだろう。僕はそう思っている」と断言。直後に「明治大学に入るだろう」と、冗談交じりに母校に“勧誘”した。

 父・克幸氏と親交があり、清宮は「ガキの頃から知っている」存在。15年U-18ワールドカップ前の壮行試合では、甲子園で対面して激励した。「何十年に一人の逸材だな。ケガさえしなけりゃ」と実力に太鼓判を押す。

 現時点で清宮は、進路希望を明かしていない。ただ、早実は昨年度も卒業生の97%が早大に進学している。高卒でプロ入りしたのは、83年度ドラフトで大洋から3位指名された板倉賢司内野手、同年度6位で巨人入りした上福元勤内野手が最後。また、早大にはインターネットを用いた通信教育課程があり、プロでプレーしながら学位を取ることも不可能ではない。

 清宮が選択するのはどの道なのか。星野副会長は「清宮のオヤジさんなら、ちょっと違うことを考えているかなと思っている」と“奥の手”が飛び出すことも予想した。殿堂入りを果たした名将にも、進路に関心を示される大砲。星野副会長は「高校野球のスーパースターだよね。そういうのが出てこないといけない」と、一層の成長を期待した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス