文字サイズ

ラミレス監督「2番梶谷」にノルマ 3割、20本、70打点、30盗塁を

 ラミレス監督から来季のノルマを課された梶谷
1枚拡大

 DeNAのアレックス・ラミレス監督(42)が29日、梶谷隆幸外野手に「3割、20本、70打点、30盗塁」のノルマを課した。

 今季の3位から、来季は98年以来の優勝に目標を置く。筒香には、3割30本100打点を期待。そして、「優勝するにはもう1人、20ホームラン、70打点できる選手は必要。それができるのは梶谷だと思っている」と指名した。

 今季、梶谷は故障で出遅れて、18本塁打、56打点に終わった。14年には72打点も記録しており、フル出場なら不可能な数字ではない。さらに、「3割、30盗塁も絶対にやってもらえる。開幕からいい数字を残してほしいね」と信頼を寄せた。

 「梶谷には2番でやってもらいたい。5番はしっくりこない場合は(3番予定の)ロペスを5番に回して、梶谷が3番になるかな」と指揮官は構想を明かす。「バントをしない2番打者でチャンスを作りたい」というスタイルが理想型。打って走って、好機は梶谷から生まれる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス