文字サイズ

オリに新星?糸井の穴は武田が埋める 大谷、誠也と同い年の“新庄2世”

 糸井の穴を埋める決意を示した武田
1枚拡大

 オリックスの武田健吾外野手(22)が25日、FA宣言して阪神へ移籍した糸井の穴を埋める決意を示した。

 「レギュラーを取りにいくという気持ちは強い。(糸井移籍で)気持ちは増している」

 高卒で入団して来季は5年目。すでに日本ハム・大谷、広島・鈴木、阪神・藤浪ら同級生は、1軍で主力として活躍している。「彼らには負けたくない」。特に仲がいい鈴木の活躍には「かなり刺激を受けている」と話し、来季は自身も“神ってる”活躍を目指す。

 守備走塁には定評があり、11月のU-23W杯では打率・455で外野手部門のベストナインに選ばれるなど、打撃も力をつけている。入団前には“新庄2世”と騒がれた逸材。一気にブレークを狙う。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス