文字サイズ

DeNAドラ1・浜口が仮契約 「責任をもって頑張りたい」

DeNAドラフト1位の浜口(中)が仮契約。吉田スカウト部長(右)、欠端西日本スカウトグループリーダーと笑顔
1枚拡大

 DeNAからドラフト1位指名された浜口遥大投手(21)=神奈川大=が8日、横浜市内のホテルで入団交渉に臨み、契約金9000万円、年俸1500万円で仮契約した(金額は推定)。プロへの第一歩を「ホテルに入ってドキドキした。すごく緊張しました」と振り返った。

 ホームとなる横浜スタジアムで1日に行われた関東地区大学選手権は、1死をとっただけで5失点KO。これが大学最終戦となった。「悔しい思いで終わった。次は笑えるように頑張りたい。野球で仕事をさせてもらう。しっかり自覚して、責任をもって頑張りたい」と誓った。

 同期で明大・柳(中日)、慶大・加藤(広島)、創価大・田中(ソフトバンク)、桜美林大・佐々木(ロッテ)ら、大学時代のライバルが1位で入団する。「これから成長する中で、大切な存在。負けないように頑張りたい」と話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス