文字サイズ

智弁和歌山逆転負け、センバツ絶望的も1年・林が2打席連続アーチ

2打席連続場外アーチを放った智弁和歌山・林=紀三井寺
3枚

 「秋季高校野球近畿大会・1回戦、滋賀学園13-6智弁和歌山」(29日・紀三井寺球場)

 智弁和歌山の林晃汰内野手(1年)が、2打席連続の場外アーチを含む3安打5打点の活躍を見せた。それでもチームは逆転負け。高嶋仁監督は「これだけ打たれたらお手上げ。悪くはないと思うけど、まだバッテリーが若い」と語った。

 初回に右翼フェンス奥の高い防球ネットを越える一発を放った林。2打席目もバックスクリーン右の場外へ飛ばした。3打席目は敬遠気味の四球。4打席目はカウント3ボールから「監督のサインが打てだったので」とフルスイングし、右中間を真っ二つに破る2点二塁打を放った。

 この日、紀三井寺球場は強烈な追い風が吹いており、両チーム合わせて7本のアーチが飛び交う乱打戦に。高嶋監督は林について「力的にはあれくらい打てるものは持っている。いい形で入ってくれた」と評した。来春のセンバツは絶望的となったが、和歌山に将来が楽しみなスラッガーが現れた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス