文字サイズ

広島経済大・尾仲は中盤崩れる、近大工が2季ぶりV 広島六大学

6回5失点で敗戦投手となり大学最後の登板を終えたドラフト候補の広島経済大・尾仲
2枚

 「広島六大学野球秋季リーグ、広島大5-4広島経済大」(16日、近大工学部グラウンド)

 勝てば優勝が決まる広島経済大が、広島大に敗れたため、近大工の2季ぶり47回目の優勝が決まった。

 広島経済大は三回に3点を先制したが、2点リードの四回に守りのミスもあり一挙4点を奪われ逆転を許した。九回に1点差に詰め寄り、なおも2死満塁と攻めたが、あと一歩及ばなかった。

 先発したドラフト候補の広島経済大・尾仲祐哉投手(4年)は6回6安打5失点で敗戦投手になった。日本ハム、巨人の編成担当が見守る中、この日最速146キロの直球とスライダーを駆使して序盤は好投したが、中盤に崩れた。前々日に178球を投げており「まっすぐが走っていてこのリーグで一番いいと思ったんですが、疲れが出て力が入らなかった。鍛え直さないといけない」と唇をかんだ。

 9勝2敗、勝ち点4でリーグ戦を終えていた近大工学部は、勝ち点4の広島経済大が敗れたため勝率で2季ぶりの優勝となった。29日には明治神宮野球大会の出場権をかけ、中四国代表決定戦に出場する。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス