文字サイズ

西武が“隠し玉”呉念庭を指名へ

 西武が今秋のドラフトでの「隠し玉」として、鹿児島・第一工大の呉念庭(ウ・ネンティン)内野手(22)=右投げ左打ち=の指名を検討していることが15日、分かった。

 台湾出身の呉は174センチ、72キロと小柄ながら、50メートル5秒9と俊足。全国的には無名の二塁手だが、広角に打ち分けられる打力が魅力。守備も堅実で遊撃も守れる。留学した岡山・共生高時代は甲子園出場経験こそなかったものの、第一工大では1年からレギュラーで、3年秋の九州地区大学選手権で準優勝した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス