文字サイズ

燕ライアン自己ワーストタイ6敗目

 「中日9-4ヤクルト」(14日、ナゴド)

 ヤクルト・小川がまた中日戦で崩れた。四回無死満塁、二回に先制2ランを浴びた高橋周に押し出し四球を与えるなどし、2死満塁で降板した。

 早くも自己ワーストタイの6敗目。「走者を意識しすぎて制球が甘くなる。クイックと打者に対する集中力のバランスがうまくいっていない」と、反省した。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

野球最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(野球)

話題の写真ランキング

写真

デイリーおすすめアイテム

リアルタイムランキング

注目トピックス