文字サイズ

DeNA関根“青木イズム”定位置奪う

 センター争いに名乗りをあげる関根
1枚拡大

 「DeNA春季キャンプ」(23日、宜野湾)

 DeNA・2年目の関根大気外野手(19)が中堅の定位置取りへアピールを続ける。ここまで紅白戦、練習試合、オープン戦通算で17打数6安打、打率・353の好成績。「今年はチャンスだと思う」と意欲を口にした。

 21日の阪神戦では、八回に左翼への大飛球を放った。風に戻されて左飛となったが、逆方向にも飛ばすパワーを披露。それでも「自分は結果を残さないといけない立場ですから」と満足せず、22日の韓国・サムスンとの練習試合では途中出場で安打を放った。

 1月の自主トレは米大リーグ・ジャイアンツの青木と行った。メジャーリーガーから技術面、精神面を学び、金言を2つ授かった。「焦る必要はない」。「チャンスは逃してはいけない」。相反しかねない言葉の重さをかみしめている。

 中堅争いは荒波が故障で出遅れ、松本、桑原らとしのぎを削る。「自分が絶対にポジションを取るという思いでやっています」。群雄割拠の中堅戦争。勝ち取ってみせる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス