G小林“目指せ80キロ”肉体改造だ

 今オフに体重増を計画している小林

 巨人・小林誠司捕手(25)が2日、都内のジャイアンツ球場で自主トレし、今オフに体重6キロ増を目標として肉体改造に取り組む考えを明かした。身長178センチで74キロと捕手としては細身のため、「85キロは欲しいけど、まずは80キロ。計画を立ててやる」と話した。 関連ニュース 巨人入りの杉内 ソフトに愛憎の涙「FAを獲ったとしても必要とする球団ない」  今季は開幕直後こそ存在感を示したが、調子は徐々に下降。最終的には63試合の出場で打率・255だった。「体力のなさが分かった。明らかに弱々しい」と、肉体改造に乗り出すことを決断した。

 先月に行われた捕手会でも、来季は一塁手へ転向する阿部から「もっと太ったほうがいい」と助言された。阿部も入団時から比べると体格が変わり、球界を代表する強打の捕手になった。小林も食事量を増やし、徹底的に筋力トレーニングで鍛え上げる考えだ。

 来季は新加入の相川らと正捕手の座を争う。「今年よりは絶対に出たい」と小林。シーズンを戦い抜けるボディーに仕上げ、勝負の2年目に挑む。

2014/12/03

関連ニュース