文字サイズ

元阪神ドラフト1位の安達さんが死去

安達智次郎氏=1993年8月17日
阪神ルーキー当時の安達智次郎氏(左)と萩原誠(誠斗)氏=1993年7月16日
92年の新入団選手発表。安達は前列左。前列中央は中村監督92年12月18日、大阪市内のホテル
3枚3枚

 元阪神のドラフト1位左腕だった安達智次郎さんが7日午前1時49分、肝不全のため死去した。41歳だった。通夜は8日午後7時から、葬儀・告別式は9日午前10時から、いずれも神戸市長田区北町1の24 シティーホール高速長田で執り行われる。喪主は母・節子さん。

 安達さんは神戸市出身で、兵庫・村野工高で左腕エースとして活躍し、春・夏の甲子園大会に2度出場。1992年秋のドラフト会議で松井秀喜(元巨人)を抽選で外した阪神から1位指名されて入団した。

 速球派の大型サウスポーとして将来を期待されたが、フォームを崩したこともあって1軍登板がないまま、1999年シーズン限りで現役を引退。阪神の打撃投手などを務めた後、神戸市内で飲食店を経営していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス