文字サイズ

ファンキー加藤 DJケミカルの寺で除夜の鐘

 ファンキー加藤
1枚拡大

 元ファンキーモンキーベイビーズの歌手・ファンキー加藤が、元ファンモンのDJケミカルの寺で除夜の鐘をついていたことをツイッターで明かした。

 ファンモンはDJケミカルが八王子の実家の寺で住職のあとを継ぐため、2013年6月に解散している。

 加藤は年明け最初のツイッターで「お寺で鐘をついて、友達の住職(元DJ)にご挨拶。というわけで、明けましたね。今年もよろしくお願い致します。#2017」とケミカルの寺で除夜の鐘をついたことを報告。1月1日には「初詣は地元・八王子の今熊神社へ」と地元・八王子から2017年が幕開けしたことを伝えた。

 その後、風邪を引いてしまったそうで、8日のツイッターでは「一日遅れの七草粥。無病息災お願いします」と七草粥の写真とともにつづっていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリースポーツ
    ネットショッピング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス