文字サイズ

稀勢、無傷4連勝も“どっきり星” 行司の勘違いで一時相手に軍配上がる

 松鳳山(下)を突き落としで下した稀勢の里だが、行司・木村玉治郎の軍配は西の松鳳山に(撮影・佐々木彰尚)
1枚拡大

 「大相撲初場所・4日目」(11日、両国国技館)

 西前頭筆頭の御嶽海が横綱鶴竜を押し出しで下し、今場所2日目以来、通算2個目の金星を挙げた。横綱白鵬は小結栃ノ心を寄り切り、大関稀勢の里は松鳳山を突き落として4連勝。全勝は平幕の佐田の海と貴ノ岩と合わせて4人となった。横綱日馬富士は荒鷲を下して連敗を2でストップ。大関照ノ富士は勢に敗れ、早くも3敗となった。

 稀勢の里は“どっきり星”で無傷4連勝だ。松鳳山を土俵際で突き落としたが、軍配はいったん相手に上がった。即座にクルリとうちわは返ったが、物言い。結局、行司差し違えの裁定で勝ち名乗りを受けた。

 「うーん、いろいろありますから。最後は体が(松鳳山に)乗ってますからね。足が出る、出ないか(の問題か)と」とさすがに驚いた様子。「えっ」と思ったかとの問いに「人間ですから」と語った。友綱審判長(元関脇魁輝)は「迷いすぎたというか、上げちゃったから」と行司の勘違いであることを明かした。

 昨年7月の名古屋場所では変化されて屈した因縁の相手を下し、上り調子。「動きはまあいいと思う」。5日目は勢いに乗る御嶽海を迎え撃つ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス