1. ホーム
  2. 馬体診断

セキフウ

続きを見る

 「フェブラリーS・G1」(18日、東京)

 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断を、デイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評のある僚紙・馬サブロー調教班の佐野裕樹(美浦)、竹原伸介(栗東)の両トラックマンが、出走を予定する各馬をA~C評価しました。週末の予想にお役立てください。

 【セキフウ B】

 兵庫ゴールドTから2カ月ぶりの実戦。4走前には後方追走から、最速上がり35秒5でエルムSを勝ち上がった。今回馬体がすっきりとしており、太め感は皆無だ。肩の筋肉もしっかりしているし、トモも丸みを帯びている。多少光量は少ないが、毛ヅヤも光っているし体調は良さそうだ。前腕部と下腿には血管が浮き出ており、皮膚の薄さがうかがえる体つきだ。首が太く短いためダートのマイル戦はピッタリの距離だろう。ただ難点なのは腹回りに肋骨が見られない点。そこが改善すればいいところだろう。(馬サブロー栗東・竹原伸介)

 〈1週前追い切り診断〉藤岡康(レースは武豊)を背に栗東CWで6F80秒0-36秒9-11秒6(一杯)をマーク。3頭併せの最後方から直線で内に潜るとズバッと伸びて、中のシルバーカレッジ(3歳未勝利)に半馬身、外のクールブロン(4歳1勝クラス)に6馬身先着した。追うごとに良くなっている。

記事をシェアする
twitter
facebook
line
hatena

馬体診断 - 天皇賞・春

テーオーロイヤル

天皇賞・春

タスティエーラ

天皇賞・春

ドゥレッツァ

天皇賞・春

ワープスピード

天皇賞・春

チャックネイト

天皇賞・春

ブローザホーン

天皇賞・春

サヴォーナ

天皇賞・春

ディープボンド

天皇賞・春

シルヴァーソニック

天皇賞・春

プリュムドール

天皇賞・春

マテンロウレオ

天皇賞・春

テーオーロイヤル

タスティエーラ

ドゥレッツァ

ワープスピード

チャックネイト

ブローザホーン

サヴォーナ

ディープボンド

シルヴァーソニック

プリュムドール

マテンロウレオ

有力馬次走報

一覧を見る

  1. 競馬新聞「馬サブロー」

的中速報

4月21日 東京10R

3連単
71,910円的中!

木村拓人

木村拓人

4月21日 京都7R

3連単
46,370円的中!

小田穂乃実

小田穂乃実