文字サイズ

最強の捕手

 カープの石原は沖縄の2次キャンプでも元気だ(撮影・吉田 風)
1枚拡大

 これほど輪郭の見えない年も珍しい。第5クールを終えた阪神キャンプは休日を挟んでいよいよ最終クールを迎える。熾烈なサバイバルの内野手もそうだが、やはり捕手が気になる。扇の要、チームの心臓はいつ定まるのだろうか。

 虎の開幕投手はランディ・メッセンジャーが担う。開幕候補の「筆頭」だと金本は明言する。では3月31日にマツダでメッセを受けるのは誰か。宜野座組の岡崎、原口、梅野、坂本が候補になる。オープン戦の結果次第とはいえ、本番ギリギリまで引っ張ることのできないポジションだとも思う。

 「意外じゃないですよ。そうやって周りから言われるほうが、僕は意外ですよ。Bクラスのキャッチャーはそうそう選ばれないと思いますしね。キャッチャーってチームが勝たないと、まず評価されないポジションですから…」

 午後から、開幕戦の相手広島のキャンプ地にお邪魔し、石原慶幸と話をしてきた。僕がカープ担当時代、彼はまだ大学生だったが、新井貴浩を通じて10年来の交流がある。昨季プロ15年目にして初めてベストナインに選ばれた石原に「初って意外だね」と伝えると、「全然」と首を横に振った。

 確かに、そうか。石原が初めて規定打席に達した04年から数えてみても、昨季まで13年間で広島のAクラス入りは3度しかない。最近10年のベストナインを振り返れば分かりやすい。07年から8年連続で受賞した捕手は阿部慎之助。この間、巨人はすべてAクラス入りし、6度のリーグ制覇。15年は優勝したヤクルトの中村悠平だし、阪神が勝った03、05年は矢野輝弘(現・燿大)が選ばれている。

 「僕の場合、チームを勝たせられなかったからダメなんですよ」

 広島を25年ぶりに頂点へ導いた石原は自戒を込める。捕手一人で勝てるものではない。ただ、このポジションがあやふやなチームが常勝になった試しがないことも事実だ。勝てる捕手とは、打てる捕手か、守れる捕手か。肩、リード、捕球、研究心…。適性を挙げればキリがないポジションである。

 今季から阪神の2軍育成コーチになった藤井彰人は石原を「最強の捕手」と評してきた。昨秋の就任会見で「勝つために必要な選手を育てたい」と語った藤井が言う。「投げる、捕る、止める。ずっと石原が一番うまいと思ってきましたよ」。基礎が「最強」だから勝てる捕手になったと強調する。

 「歴代の打てる名捕手を見ても、結局は皆さん、守れる。僕の場合バッティングがダメなので、守れないとアウトだと思ってやってきましたから…。守れて当然という思いで、あとは打てるように練習するしかない、と。やはり、打てて守れる捕手が理想ですよね。阪神なら矢野さんがそうでしょ」

 石原はそう言って室内練習場へ向かい、一人黙々とバットを振っていた。開幕戦は「最強の捕手」が待ち受ける。阪神は「勝てる捕手」を誰が担うのか。まずは金本から「筆頭」に指名される開幕候補を楽しみに待ちたい。=敬称略=

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    吉田風取材ノート最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス