阪神・佐藤輝が紅白戦で先頭弾含む2安打 育成2位・福島が打って走って猛アピール

 7回、二盗を決める福島(撮影・飯室逸平)
 1回、右越えに先制ソロを放つ佐藤輝(撮影・山口登)
 4回、死球を受ける木浪(撮影・飯室逸平)
3枚

 「阪神紅白戦、白組2-2紅組」(12日、バイトするならエントリー宜野座スタジアム)

 白組の先発・才木は1回を三者凡退に抑える安定感抜群の投球を披露。紅組の先発・秋山は2回1失点と粘りの投球を見せた。

 白組の「1番・三塁」で先発出場した佐藤輝は初回、フルカウントで秋山から右翼芝生席後方への特大弾。いきなり観客を沸かせた。三回には加治屋から左前打を放ち、前日に続き2打数2安打を記録した。

 紅組の「1番・右翼」で出場した森下は三回、鈴木から左線への二塁打を記録。五回にはドラフト5位・石黒(JR西日本)から左前打を放ち、2安打をマークした。

 森木は六回に登板し、井上、戸井、山田を三者凡退。岡田監督の前で上々の投球を見せた。

 新人選手も存在感を見せた。ドラフト5位・石黒(JR西日本)は五回からマウンドに上がり、プロ入り後、実戦初登板。小野寺に適時二塁打を許したが、1回1失点と最少失点で切り抜けた。

 ドラフト6位・津田(大経大)、ドラフト1位・松原(日本海L・富山)も実戦初登板。津田は六回に登板し、連打を浴びながらも1回1失点と粘った。松原は七回に登板し、三者凡退に抑えるアピールを見せた。

 特に輝きを放ったのが途中出場した育成ドラフト2位・福島(白鷗大)。打席は六回のみだったが、2死一、三塁で適時右前打を記録。しっかり結果を残した。さらに七回には井坪の代走として一塁に送られると、武器の快足で二盗も難なく成功。支配下へ、打って走って岡田監督の前で猛アピールした。

2023-11-05
2023-11-04
2023-11-02
2023-11-01
2023-10-31
2023-10-29
2023-10-28
2023-10-20
2023-10-19
2023-10-18

関連ニュース

編集者のオススメ記事

阪神タイガース最新ニュース

もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス