文字サイズ

阪神・矢野監督 今季3戦3敗の床田に「絞りにくいのは絞りにくい」

 9回、球審に代走を告げる矢野監督。左は空振り三振に倒れた代打・糸井(撮影・立川洋一郎)
 ベンチで厳しい表情の矢野監督(撮影・飯室逸平)
2枚

 「広島5-3阪神」(21日、マツダスタジアム)

 阪神はまたも床田を攻略しきれず、今季3戦3敗となった。7回4安打2失点という投球を許した中、阪神・矢野監督は「球種も多いからなあ。結局、真っすぐでずっと押してくるわけじゃないから。どっちかというと、変化球で追い込んで最後真っすぐというパターンが多いと思うけど・・・それだけ絞りにくいのは絞りにくいだろうなと思うけど」と振り返った。

 九回には、先頭からの3連打で1点を返し、なおも無死一、二塁とチャンスは続いたが、糸原が中飛、代打・糸井が空振り三振、そして最後は代打・ロハスが遊ゴロに倒れた。

 その中で、大山が七回に18号2ラン、九回には中前適時打で2安打3打点。好調を維持する姿に「内容も全部いいしね。凡打の内容もいいし。状態はかなりいいところで維持できているかなと思う」と称賛していた。

2022-08-18
2022-08-17
2022-08-16
2022-08-14
2022-08-13
2022-08-12
2022-08-11
2022-08-10
2022-08-09
2022-08-07
2022-08-06
2022-08-05
2022-08-04
2022-08-03
2022-08-02
2022-07-31
2022-07-30
2022-07-29
2022-07-24
2022-07-23

野球スコア速報

関連ニュース

編集者のオススメ記事

阪神タイガース最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(阪神タイガース)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス