文字サイズ

阪神・矢野監督 逃げ切り星に「しびれた」スタメン起用の長坂を評価「拳弥も自信になる」

 巨人に勝利し、岩崎(右)のねぎらいを受ける長坂(撮影・高部洋祐)
 ヒーローインタビューで「めっちゃしびれました!」と叫ぶ長坂(右)=撮影・高部洋祐
 勝利を喜ぶ岩崎(左)と長坂(撮影・山口登)
3枚

 「阪神2-1巨人」(21日、甲子園球場)

 阪神が1936年の復刻ユニホームで今季初勝利を飾った。マルテの先制タイムリー、約4年ぶりのスタメン出場となった長坂がセーフティースクイズを決めるなどしての勝利。先発・ウィルカーソンが7回0封。八回は湯浅が無失点。九回は岩崎が1点差に詰め寄られたもののリードを守り切った。以下、矢野監督の一問一答。

 -最後はなんとか1点差の2死満塁をよくしのいで逃げ切った。

 「いやもうしびれましたけどね、もう優(岩崎)を信じて。頑張ってくれっていうね、応援だけでしたけど。はい、よく投げてくれました」

 -ウィルカーソンは7回3安打無失点で素晴らしい投球。

 「そうですね、初登板のときもね、すごく良くてね。その後は普通なのかなという感じでしたけど。きょうはね、本当に初登板ぐらいの球の切れ、勢い、コントロール、そういうのがあったなという投球で。本当リズムを作ってくれましたね」

 -見ていて何が一番よかったか。

 「やっぱり変化球、チェンジアップが一番武器にはなる球種なんですけど。やっぱり真っすぐがいつもよりやっぱり切れがあって、多く使えたことが変化球が生きたという投球になったと思います」

 -中5日でベンチの起用にも応えた。

 「元々ね、中6日というのをあまりやっていないピッチャーなんで。そういうところで中5日というのがもしかしたらいいのかも知れないですけど。5日の中でもよく投げてくれたというのはこれからにも生きるかなと思います」

 -打つ方ではマルテがチャンスで一本。

 「うーん、そうですね、まだ本来の状態ではまだまだないと思いますけど。そういう一本からね、本当にマルテらしさ、つなぐであったり決めるであったり、そういうバッティングをこれからもしていってもらいたいです」

 -3本出たが。

 「そうですね、打率もやっと2割ぐらいですかね(・206)。まだまだ物足りないですけど。ランナーをかえすというね、一番本人も目指しているところをこれからもやってくれると思います」

 ー長坂はセーフティースクイズで追加点。

 「簡単なね、プレーではないんですけど、本当にしっかり初球で決めてくれましたし。盗塁もよく刺しましたし。こういう緊張感の中で9回守り切ったというのはね、拳弥もすごく自信になると思います」

 -近本が20打席ぶり安打で2安打2盗塁。

 「やっぱりウチの野球は近本にかかる比重というか、ポイントになる選手なんでね、チカが出るというのはこれからも大きくなっていると思うで。どんどん出て走ってもらいたいです」

 明日の先発は伊藤将。

 「今日も全員でなんとか取れたんで、まず将司がしっかり投球をしてくれるというのが1番のチームの大事な部分になりますけど、その中でも1点ずつしっかり取っていけるようにやっていきます」

 -明日も前売り完売。ファンに向けて。

 「本当にこのようなチーム状況の中でも12球団で一番、タイガースファンのみなさんが球場に来てくれているというのは、僕たちも本当に感謝していますし、そういう気持ちに応えたい、なんとかいい試合を見せたい、というそういう気持ちで明日もいきたいと思います。どうか明日からもよろしくお願いします」

2022-06-29
2022-06-28
2022-06-26
2022-06-25
2022-06-24
2022-06-23
2022-06-22
2022-06-21
2022-06-19
2022-06-18
2022-06-17
2022-06-12
2022-06-11
2022-06-10
2022-06-09
2022-06-08
2022-06-07
2022-06-05
2022-06-04
2022-06-03

野球スコア速報

関連ニュース

編集者のオススメ記事

阪神タイガース最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(阪神タイガース)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス