文字サイズ

阪神 5時間超の激闘で敗戦 12回に痛恨エラーから悪夢 3失点以下の連続試合21で止まる

延長12回、立岡に勝ち越し適時打を打たれるアルカンタラ(撮影・飯室逸平)
12回、阪神ラウル・アルカンタラは勝ち越しを許し降板する=甲子園(撮影・山口登)
延長12回、巨人・中田翔のタイムリーで追加点を許し、肩を落とす阪神・渡辺雄大=甲子園(撮影・飯室逸平)
3枚

 「阪神2-6巨人」(20日、甲子園球場)

 阪神が十二回に力尽き、2連敗で借金14となった。

 十二回に悪夢が待っていた。この回からアルカンタラが登板。先頭中山を遊ゴロに打ち取ったかと思われたが、中野が失策し、出塁を許した。嫌な空気が流れると、死球、安打で無死満塁。ここで立岡に決勝の右前適時打を浴びた。

 さらに代わった渡辺も代打・中田に中前2点適時打を許すなど、一挙4失点。4月22日から続いてきた21試合連続3失点以内の記録もついにストップした。

 打線は九回2死一塁、大山が起死回生の同点2ラン。執念で延長に持ち込んだが、5時間超の激闘の末に敗れた。

2022-07-01
2022-06-30
2022-06-29
2022-06-28
2022-06-26
2022-06-25
2022-06-24
2022-06-23
2022-06-22
2022-06-21
2022-06-19
2022-06-18
2022-06-17
2022-06-12
2022-06-11
2022-06-10
2022-06-09
2022-06-08
2022-06-07
2022-06-05

野球スコア速報

関連ニュース

編集者のオススメ記事

阪神タイガース最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(阪神タイガース)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス