文字サイズ

【中田良弘氏の眼】阪神・ウィルカーソン 野球センスが引き寄せた白星

 「DeNA1-8阪神」(15日、横浜スタジアム)

 阪神・ウィルカーソンのいいところは、ボールが指先から離れる瞬間に最大の力を集められているところだね。直球のスピードとしては140キロ台中盤なんだけど、思い切り腕を振っていることによって打者が差し込まれ、ファウルになっている場面が多かった。

 この腕の振りによって良さを引き出されたのがチェンジアップ。遅い球を投げる時も、直球を投げる時と同じ速度で腕を振れていたから、すごくボールが抜けていた。

 野球センスの高さも感じた。二回の犠打、五回に野選を誘ったセーフティー気味のスクイズ。バントをする形としては、膝を使うというより、手に頼ったように映って見栄えはしないかもだけど、なんとしても転がす、走者を進めるという意識が見えた。ハマスタは5点ぐらいリードがあっても、投手からしたら落ち着かない球場なだけに、いずれも得点に絡んだ犠打で自らを助けた。

 ベンチからすれば、投げるだけでなく、しっかり犠打ができる投手というのはありがたい存在。試合中の所作、イニング間に梅野とコミュニケーションを取っている表情を見ても、日本野球に順応しようという姿勢が見える。この先も楽しみだ。

2022-07-07
2022-07-06
2022-07-03
2022-07-02
2022-07-01
2022-06-30
2022-06-29
2022-06-28
2022-06-26
2022-06-25
2022-06-24
2022-06-23
2022-06-22
2022-06-21
2022-06-19
2022-06-18
2022-06-17
2022-06-12
2022-06-11
2022-06-10

野球スコア速報

関連ニュース

編集者のオススメ記事

阪神タイガース最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(阪神タイガース)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス