文字サイズ

阪神・小野寺 プロでもヤクルト・高橋撃ち目標で成長だ「今年一番速いなって思った」

 「阪神秋季練習」(22日、甲子園球場)

 阪神・小野寺暖外野手(23)が22日、甲子園での秋季練習に参加し、“高橋撃ち”を誓った。日本シリーズ第2戦で完封勝利を飾ったヤクルトの左腕は同じ高校時代からの好敵手。「今年一番速いなって思ったのが奎二(高橋)だったので、ああいう球を打ち返せるように、この冬でレベルアップしたい」と目をぎらつかせる。

 京都翔英時代の小野寺にとって、龍谷大平安の高橋は最大のライバルだった。「奎二から打つことだけを考えて高校野球をやっていた」と振り返るほど意識した存在だ。同じプロの舞台に立ち、今季は高橋からプロ初打点を記録したが、終わってみれば6打数1安打3三振。「またいい目標というか、倒す相手が出てきて毎日必死に練習に取り組むことができている」とモチベーションは高まっている。

 打撃向上のヒントも得た。藤井康1、2軍巡回打撃コーチから4スタンス理論の指導を受け、手のひらやかかと外側でバランスを取る「B2タイプ」と判定された。早速ティー打撃で試し、「強い打球がいっていた。ちょっとしたことでだいぶ変わった気がしたので、これからも続けてやっていきたい」と鼻息は荒い。強打者だった金本知憲氏や松井秀喜氏、西武・中村らも同タイプと言われる。バットを振り込み、高橋の速球を打ち砕く。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス