文字サイズ

阪神 逆転V遠のく痛恨敗戦 広島相手に4被弾に沈む ヤクルトの優勝マジック4に

8回、鈴木誠(手前)に2本目のソロを許し、ベンチからグラウンドを見つめる矢野監督(右奥)と福原コーチ(撮影・田中太一)
8回、鈴木誠にソロを浴びるアルカンタラ(撮影・田中太一)
2枚

 「阪神2-4広島」(17日、甲子園球場)

 阪神は優勝が遠のく痛恨の敗戦。デーゲームで勝利した首位ヤクルトのマジックは4に減り、ゲーム差は3に広がった。

 先発の秋山がまさかの3被弾。5回4安打3失点で7敗目を喫した。三回に林、宇草にソロ被弾。四回1死では、鈴木誠にソロを浴びた。「ホームランを打たれた2試合は負けているので、全力で抑えに行きたい」と、最大の警戒をしていた相手主砲に今季3本目を浴びた。

 打線は、3点を追う七回無死一塁で、ロハスが玉村の直球を左中間席へ運び、1点差に迫った。

 ただ、直後の八回に登板したアルカンタラが2死から鈴木誠にこの日2本目となる手痛い一発を浴びた。

 この日から特別応援許可団体による応援活動が再開。聖地に活気が戻ったが、虎党に勝利を届けることはできなかった。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス