文字サイズ

阪神・矢野監督 坂本を高評価 チーム全得点に「使わざるを得ない結果を出してくれている」

 4回、同点ソロを放った坂本を笑顔で迎える矢野監督(撮影・金田祐二)
 矢野監督に迎えられるスアレス(撮影・金田祐二)
 9回、松原を空振り三振に斬り、ガッツポーズする坂本(撮影・飯室逸平)
3枚

「巨人2-2阪神」(13日、東京ドーム)

 阪神の坂本誠志郎捕手は2試合連続の先発出場で、チームの全得点をたたき出す2打点と、存在感を見せた。

 まずは、0-1の二回1死一、三塁。菅野のスライダーを左前にはじき返し、同点打とした。さらに、1-2の四回2死では左中間席へ飛び込む、同点ソロ。捕手としては、5投手をリードし、2失点でしのいだ。打って、守って、チームに貢献だ。

 矢野監督は「セイシロウ(坂本)が打つ方も守る方も頑張ってくれているというのはあるし。あいつが2打点か。そういうところではもちろん毎日、試合に出たいと誰でも思うわけやから。そういうところでもアピールしてくれたら、こっちとしても使わざるを得ない結果を出してくれているんでね。いい働きしてくれたなと思います」と高く評価した。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス