文字サイズ

阪神・近本 先制V撃 自己最多タイ13度目猛打賞!首位打者も諦めん

 2回、先制の2点タイムリーを放つ近本(撮影・飯室逸平)
 1回、左前打を放つ近本
 5回、猛打賞となる二塁打を放つ近本
3枚

 「巨人1-2阪神」(12日、東京ドーム)

 二塁ベース上の阪神・近本光司外野手はベンチに向かって、広げた両手を上下させた。この日、1軍に昇格した栄枝がキャンプ中に考案した「大きめのハンドルポーズ」だ。V争いの崖っぷちに立たされても、チームの一体感は健在だ。

 二回、ロハス、佐藤輝が連打、青柳も右前打でつないでくれた。2死満塁。仲間のチャンスメークに近本が快音で応えた。一、二塁間をしぶとく破る先制の2点タイムリーだ。

 「2死満塁でピッチャーも四球だけは嫌な場面で初球から振りにいけたのが良かった。(カウント)3-2まで持っていってからヒットが打てて、相手ピッチャーにもいい影響を与えられたんじゃないかと思います」

 前カードのヤクルト3連戦は徹底マークに遭い、4四死球を選んだものの、計10打数無安打と沈黙させられた。「チームに迷惑をかけたというのがあった」。チームも1勝2敗と負け越し、責任を痛感。うっぷんを晴らそうと、プレーボールから集中力を極限まで高めていた。

 初回、左前打で4試合ぶりにHマークをともすと、2-0の五回は左翼線二塁打。3年連続となる自己最多タイ13度目の猛打賞を決めた。真骨頂とも言える固め打ちで、シーズン170安打に到達。最多安打のタイトルへまっしぐらだ。

 この日、大山が背中の張りを訴え、ベンチ入りメンバーから外れた。オフの自主トレ仲間で、近本が「(性格が)似ている」と言うほど、主将とは馬が合う。開幕から共にチームを引っ張ってきた4番不在の危機。頼れる選手会長が見事に救ってみせた。

 「大事な試合が続きますけど、明日、明後日としっかり勝って帰りたい」。負けが許されない中でも、近本は前だけを向く。不動のリードオフマンがチームを鼓舞していく。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス