文字サイズ

阪神首位陥落 好機に主軸凡退 矢野監督「かえすところがかえされへんからや」

 「中日2-1阪神」(22日、バンテリンドーム)

 阪神が中日に1点差敗戦。序盤から再三得点機を作りながらあと1本が出ず、5連敗中の中日に悔しい敗戦を喫した。ヤクルトがDeNAに勝ち、首位陥落した。

 矢野監督は「まあバッテリーで粘ってくれていたんで。打線やねやっぱり」と敗因を打線に求め、「見たら分かるやん、かえすところがかえされへんからや」と話した。

 絶好の同点、逆転機を逃した。0-2で迎えた八回、中日・又吉から1死一、二塁としマルテの左前打で1点差。なお一、二塁の好機に5番大山が中飛、サンズが見逃し三振に倒れた。

 矢野監督は「又吉だって防御率見ても1点前半のピッチャーだからさ。そんな簡単にたたみ込んでいけるとは思わないけど。まあまあでも。もちろんたられば言えば色んなことは出てくるけど、一つのことにスポットを当てられないような色んなところに原因はあるかなと思っている」と分析した。

 好機で主軸が凡退-。繰り返されたシーンだった。1点を追う三回。先発・松葉に対し、2死から近本、中野の連打と糸原の四球で満塁としたが、4番・マルテは三ゴロ。六回にも先頭・糸原が二塁打でチャンスメークしたが、マルテが空振り三振、大山が遊ゴロ、サンズが投ゴロに抑えられた。

 「まあまあ、いいところでな、上位がチャンス作っていいところで回ってんねんけど、そこでマルちゃん最後に(適時打が)出たけどさ、4、5、6(番)、そこがね、かえすところでかえせないっていうのは、形はできているけどそこでかえせないから点が入らないっていう。そこの状態がちょっと上がってもらわないと、という。ピッチャーが頑張っているんで」と指揮官。

 近本、中野、糸原の上位打線で好機を演出しながら、主軸が機能しない展開。8安打しながら1得点とことごとく得点機を逃し続けた。9月3日以来の首位陥落となった。

2022-08-14
2022-08-13
2022-08-12
2022-08-11
2022-08-10
2022-08-09
2022-08-07
2022-08-06
2022-08-05
2022-08-04
2022-08-03
2022-08-02
2022-07-31
2022-07-30
2022-07-29
2022-07-24
2022-07-23
2022-07-22
2022-07-20
2022-07-19

野球スコア速報

関連ニュース

編集者のオススメ記事

阪神タイガース最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(阪神タイガース)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス