文字サイズ

阪神・西勇、寝違えで登録抹消 ローテ組み替え、24日・巨人戦復帰目指す

 突然のアクシデントだ。17日の中日戦(甲子園)で先発を予定していた阪神の西勇輝投手(30)が14日、出場選手登録を抹消された。球団は「首の寝違え症状のため、登録抹消いたしました」と説明した。

 西勇はこの日午前に甲子園室内で行われた残留練習に参加。キャッチボールを行い、チームメートと談笑するシーンもあったが、その時点で何らかの違和感を覚えていたとみられる。

 王手をかけてから8試合目と苦しんだ末に、10日の広島戦(マツダ)で通算100勝に到達したエース右腕。登板予定3日前での突然の抹消だけに通常なら大ごとだが、幸いなことにローテを組み替えられる余地がある。

 間隔を空け21日からの中日戦(バンテリン)に回ることが濃厚だった秋山が、予定を変更。中8日での登板を予定していた高橋とともに、2人で17、18日の中日戦(甲子園)に先発する形で対処することになりそうだ。

 矢野監督は「10日で行けるだろうと思っているけど。今後調整していく中で変わる可能性はなくはないと思うけど、いったんコンディションを整える方がいいかなと思って」と説明。西勇は再登録可能となる24日からの巨人3連戦(東京ド)のカード初戦で復帰を目指す見通しだ。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス