文字サイズ

阪神またチャンス逃す 無死満塁、大山見逃し三振、糸井は併殺 5回9残塁

 5回、見逃し三振に倒れる大山(撮影・西岡正)
 5回、見逃し三振に倒れた大山に厳しい表情の矢野監督(撮影・金田祐二)
 5回、二ゴロ併殺に倒れる糸井(撮影・西岡正)
3枚

 「ヤクルト-阪神」(14日、神宮球場)

 阪神がまたチャンスを逸した。2点を追う五回、先頭・中野が頭部に死球を受け、スアレスが退場となると、続く糸原は緊急登板した2番手・大西から右前打、マルテは四球を選び、満塁となった。

 絶好の好機だったが、大山は見逃し三振。続く糸井は二ゴロ併殺に打ち取られ、まさかの無得点に終わった。

 三回も1死満塁としながら、マルテ、大山が連続三振。拙攻続きで五回までに9残塁を記録している。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス