文字サイズ

阪神・ロハスが3試合連続本塁打 パワー本物!2軍降格後9戦4発本領発揮

6回、2ランを放つロハス(撮影・北村雅宏)
6回、2ランを放ち、天を見上げるロハス(撮影・北村雅宏)
6回、2ランを放つロハス(撮影・北村雅宏)
3枚

 「ウエスタン、阪神-ソフトバンク」(13日、甲子園球場)

 このパワーは本物だ。阪神のメル・ロハス・ジュニア外野手が来日初の3試合連発となるファーム6号2ランを放った。

 六回1死一塁。杉山に対して、ロハスは左打席へ。打った瞬間、助っ人は本塁打を確信した。かっこよくバットを放り投げ、打球はバックスクリーンへ。観客もどよめきの一発だ。余韻に浸るように、ゆっくりとダイヤモンドを一周した。

 11日からのソフトバンク3連戦で3ホーマー。11日は二保から左翼ポール際へ。前夜はスチュワート・ジュニアの153キロ直球を左翼ポール際へ。そして、この日は杉山の浮いてきた134キロフォークをバックスクリーンへ。3本とも左打席でアーチを描いた。

 これで降格後は9試合で4本塁打と本領を発揮している。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス