文字サイズ

阪神・佐藤輝 マー君から豪快弾「おじいちゃんおばあちゃんの前で打つことができて良かった」

 6回、右越えへソロを放つ佐藤輝。投手は田中将(撮影・田中太一)
 6回、右越えへソロを放ち二塁へ走る佐藤輝(撮影・田中太一)
 6回、右越えへソロを放つ佐藤輝。投手は田中将(撮影・田中太一)
3枚

 「楽天-阪神」(12日、楽天生命パーク宮城)

 阪神のドラフト1位・佐藤輝明内野手(近大)が田中将大投手から今季16号ソロを放った。観戦に訪れた祖父母に、豪快な一発をプレゼントだ。

 2-1の六回2死。2球で追い込まれながら、内角のスライダーに腕をうまくたたみ、フルスイングした。すさまじい打球は右翼席へ。打たれた田中将は首をひねり、あ然とした表情。佐藤輝はゆっくりとダイヤモンドを一周し、カメラの前でお決まりのZポーズを披露した。

 6日・ソフトバンク戦(甲子園)以来、6試合ぶりの一発。交流戦は12打点となり、19年のオリックス・中川圭の新人最多打点記録に並んだ。さらに、今季44打点となり、球団新人6位タイに浮上した。

 「球場に見に来てくれたおじいちゃんおばあちゃんの前でホームランを打つことができて良かったです。日本を代表する田中投手から打てたことも素直にうれしいです。もっと打てるように頑張ります」

 この日の田中将との“モノノフ”対決は3打席まで終えて、3打数2安打1打点。怪物新人が杜の都で躍動している。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス