文字サイズ

阪神ドラ3・佐藤蓮が甲子園初登板 2回3安打1失点 最速151キロ3奪三振

 「ウエスタン、阪神-広島」(15日、甲子園球場)

 阪神ドラフト3位の佐藤蓮投手(上武大)が、甲子園で初登板を果たし、2回3安打1失点だった。

 1点リードの四回から2番手で登板。先頭の中村奨に左翼線へ二塁打を浴びたが、続くメヒアは三ゴロ、林は遊ゴロに抑えた。だが、木下に右前適時打を浴びて同点を許した。韮沢にも左前打を浴びて、2死一、二塁と再度ピンチを迎えたが、最後は二俣をフォークで空振り三振に斬った。

 五回は、先頭・矢野を四球で歩かせたが、宇草の打席で飛び出した一走・矢野をけん制で挟んでアウトとした。その後、宇草も空振り三振に。最後は野間をカーブで見逃し三振に抑えた。

 最速は151キロを計測。直球とカーブが武器の右腕だが、この日はフォークを多投するなど3つの三振を奪った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス