文字サイズ

阪神・ロハスはデビューから16打席連続無安打 ついにバースも超えてワースト単独2位

8回、ロハスは捕邪飛に倒れる(撮影・佐藤厚)
6回、三振を喫したロハスはバットを放り投げる(撮影・田中太一)
8回、捕邪飛に倒れ悔しがるロハス。右奥は交代を告げる矢野監督(撮影・田中太一)
3枚

 「巨人-阪神」(14日、東京ドーム)

 阪神の新助っ人、メル・ロハス・ジュニア外野手(30)=前韓国・KT=がデビュー以降16打席連続無安打となり、83年のバースを超え、ワースト2位となった。昨年ワースト記録を作ったボーアまで、あと2となってしまった。

 1点を追う八回、2死一、二塁。高梨に対して右打席に立ったが、捕邪飛に倒れた。

 阪神新外国人のデビューからの連続打席無安打ワースト記録は以下の通り。

【1位】2020年・ボーア=18打席

【2位】2021年・ロハス=16打席

【3位】1983年・バース=15打席

【4位】2009年・メンチ=12打席

【5位】1964年・ベルトイア=11打席

【6位】2004年・キンケード=10打席

【6位】2008年・フォード=10打席

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス