文字サイズ

阪神・鈴木翔太が移籍後公式戦初登板 ソロ被弾もMAX146キロ2奪三振

 「ウエスタン、阪神-ソフトバンク」(8日、鳴尾浜球場)

 阪神の鈴木翔太投手が実戦復帰した。これが公式戦では移籍後初登板。直球の最速は146キロをマークし、1回1安打1失点で2奪三振だった。

 七回に2番手でマウンドへ。先頭・黒瀬に144キロ直球を捉えられ、左中間への一発を浴びた。それでも、崩れることなく、続く谷川原を145キロ真っすぐで空振り三振。小林を三ゴロに仕留め、最後は代打・渡辺陸を空振り三振に斬った。

 中日を戦力外になり、今季から育成契約で阪神に入団した右腕。キャンプは1軍スタートを切ったが、終盤に左脇腹筋挫傷で離脱していた。徐々に状態を上げ、ついに実戦復帰までたどり着いた。ここから支配下登録に向けて、結果を残し続ける。

2022-08-13
2022-08-12
2022-08-11
2022-08-10
2022-08-09
2022-08-07
2022-08-06
2022-08-05
2022-08-04
2022-08-03
2022-08-02
2022-07-31
2022-07-30
2022-07-29
2022-07-24
2022-07-23
2022-07-22
2022-07-20
2022-07-19
2022-07-17

関連ニュース

編集者のオススメ記事

阪神タイガース最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(阪神タイガース)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス