文字サイズ

阪神・矢野監督 球児SAに期待「プレーヤーじゃなくなった分、より聞きやすい」

 阪神・矢野燿大監督(52)が24日、「スペシャルアシスタント(SA)」(特別補佐)に就任した藤川氏に期待を寄せた。「もちろん大歓迎」と“球児塾”の開講も承認し、選手に寄り添う駆け込み寺的な役割を託した。

 現役だった昨年までは自身の調整が最優先だったが、今年は後輩たちに全集中してもらうことができる。指揮官は「客観的に伝えてもらう部分が増えると思う」と後輩にアドバイスを送る姿を想像し、チーム内に波及する効果も口にした。

 「選手側からすると球児がプレーヤーじゃなくなった分、より聞きやすいというか。何かあった時に『球児さんどうでしたか?』『僕どうですか?』と」

 練習に取り組む大先輩に気を遣うことなく、今年は積極的に悩みや質問をぶつけられる環境が整う。「あと、どうするかは選手なんでね」。藤川氏は1軍キャンプを視察する予定。日米通算245セーブのレジェンドOBと過ごす日々は必ず、将来の糧になる。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス