文字サイズ

阪神ドラ4栄枝、正捕手奪取へ「食らいつく」 矢野監督の訓示体現誓う

 阪神ドラフト4位の栄枝裕貴捕手(22)=立命大=が9日、矢野監督の「早く壁にぶち当たってほしい。その壁が自分を成長させる」という訓示を体現することを誓った。正捕手の座をつかむために、梅野、坂本らを壁に見立てて乗り越える。

 新人合同自主トレ初日、視察した指揮官から送られた言葉が胸に響いた。「(矢野監督から)早めに壁にぶち当たった方がいいと言われて。確かに早めにそういう挫折を味わっておいた方がいいんだなと」と大先輩の助言に大きくうなずいた。

 捕手として試合に出るためには、越えなければならない壁がある。「梅野さん、坂本さん、うまいキャッチャーがいらっしゃる。そこに食らいつくじゃないですけど、栄枝も負けていないと思わせるようにやっていきたい」。競争を制して守備位置を奪うために、静かに闘志を燃やした。

 大学時には壁を乗り越え、プロへの道を切り開いた。高校時の金属から木製に変わったバットに苦戦したが、先輩にアドバイスを求めるなどして克服した。「プロになったら聞くだけでなくて。見るだけで吸収する力も必要になってくる」。これまで同様に探求心を持ち続け、成長へつなげる。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス