文字サイズ

阪神・ドラ1の佐藤が母校・仁川学院でプロ入り報告、もしサッカー部だったら進路は?

母校でサンテレビ・湯浅アナウンサー(右)の質問に答える阪神・佐藤輝明=仁川学院(撮影・高部洋祐)
2枚

 4球団競合の末、阪神からドラフト1位指名を受けた佐藤輝明内野手(21)=近大=が18日、西宮市にある母校・仁川学院に凱旋(がいせん)訪問し、在校生約200名の前でプロ入りの報告会を行った。

 同校コルベ講堂内にて開催された報告会。大ファンを公言しているももいろクローバーZ「行くぜっ!怪盗少女」を吹奏楽部の演奏に乗せて佐藤は登場した。サンテレビ・湯浅アナウンサーとの掛け合い形式で行われた。

 「一番の理由は家から近かった」ということから仁川学院に進学。「サッカーをやりたい」とサッカー部入部を希望していたが、野球部に誘ってくれた同級生・高取真祥さんのおかげで野球部入部を決意。もしサッカーを続けていたらという湯浅アナウンサーの問い掛けに「(ヴィッセル神戸に)なっていたと思います」と周囲を笑わせた。

 本格的にプロ入りを目指したのは高校2年秋。「進路を考えた時、漠然とプロになろうかなと。なぜか自信だけはありました」。同時期から高取さんとジムでのウエートトレーニングを開始し、体を大きくした。夢の舞台を目指すために、必死に白球を追いかけ続けた日々がある。

 ティー打撃で大飛球を放ち、隣接する校舎の窓ガラスを割ったことがある。「弁償代は払っていないです」とまたも在校生たちを笑わせた。そしてウエートトレーニングをやり始めてから卒業までに本塁打を20本近く放ち「プロになれると思っていました」と自信が芽生え、大学でもずっと思い続けてきた。

 在校生に向けて「自分の才能を信じて、やるべきことをやれば証明できる」と話した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス