文字サイズ

阪神ドラ1の近大・佐藤、楽天ドラ1の早大・早川と「対戦したら打てるように頑張る」

阪神から1位指名を受け、マスコットから花束を贈呈される近畿大学・佐藤輝明=大阪・近畿大学(撮影・飯室逸平)
2枚

 「プロ野球ドラフト会議」(26日、都内ホテル)

 4球団競合の末、阪神から指名された近大の佐藤輝明内野手(21)が同じ4球団競合の末に楽天が指名権を得た早大・早川隆久投手との対戦を思い描いた。

 早川の印象を「間違いなく今年でナンバー1の投手だと思いますし、左投げですごい選手だと思います」と言う。その上で「対戦したら打てるように頑張ります」と力強かった。

 評価の高い打撃。その源泉を「高2の時にウエートトレーニングをはじめて、そこから体つきも変わったんで、ホームランが打てるようになった。そこが一番のターニングポイントということだと思います」と明かした。

 「プロ野球の世界になるんで、練習とか体が大事になる。ケガをしないように体作りというのはやっていきたいと思います。ウエートはもちろんやり続けて、色んなことをしていきたいと思います」とトレーニングを積んで、さらに成長を重ねる思いだ。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス